うつ病診療記録(5月15日)

こんにちは、調子ノリコです。

社会復帰に向けて、通勤訓練を一週間行い、その結果を報告しに昨日、心療内科に行ってきました。

でも、通勤訓練を行った一週間、徐々に熱が上がっていき、金曜日にはなんと37.4℃まで上がってしまったのです。。。

念のため内科に行きましたけれど、「のども赤くないし、リンパも晴れていないし、胸の音も正常、鼻も出ていないようだし、生理的なものでしょう」とのこと。

私はもともとの平熱が35.9℃とかなので36.9℃でも若干つらいんですが、医学的(?)には平熱って本当は36.6~37.2℃くらいで、平熱よりはちょっとだけ高めですが37.4℃あったとしても他に異常がみられなければ、「問題なし」となるそうなんですね。

こちらにお医者様のご意見も書いてありました。

近所のお医者さんと言っていることは似たり寄ったりなので、やっぱり私の熱も平熱の範囲内なんでしょう。

http://www.terumo-taion.jp/terumo/report/18.html

さて、そんなわけで、内科で解熱剤を処方してもらった私は、予定通り心療内科へ。

37℃いかない熱だったら適当にごまかそうと思っていたんですが、さすがに37.4℃はきつかったです(37℃もきついけどさ)。

体が熱くて眠れないなんて、インフルエンザぶりでしたしね^^;

そんな話をしたら、

「通勤訓練はいったん止めましょう。家でフルタイム、仕事のようなこと、あなたの場合はパソコンを使った作業ができるようになってから、通勤訓練を考えるようにしましょう」

と言われてしまいました。。。。

しょぼーーーん(´・ω・`)

そして、傷病手当金がいつまでもらえるか質問されました。

実は、傷病手当金がもらえる期間はあと半年程度なのです。それを告げると、先生の顔が曇りました。

「手当がもらえないと厳しいですよね?」

と。

そんなことを聞かれたのは初めて。

もしかして、手当がもらえているうちに復帰できないの? とそんな不安がよぎります。

「もらえないのは正直厳しいです」

生活できません。

「そうですよね。まだ時間はありますので、慎重にやっていきましょう」

先生はそう励まして(?)くれました。

次の診察も一週間後。

一歩進んだけれど、一歩戻ってしまった、そんな感じ。

熱があるなんて言わなければよかったのかな、うその報告を続ければよかったのかな、とも思ったのですが、正直もう限界でした。

うつ病になって、こんなにも高い熱が出たのも、それが続いたのも初めてです。

金土日と3日間、37.4、37.3、37.4℃と熱が出て、そして昨日も37.2℃。

病気でも何でもないのかもしれないですが、結構つらいです。解熱剤を毎日飲むのも、胃をやられそうではばかられますし(私は胃も弱い)。

相変わらずとりとめもなく書いてしまいましたが、これから先どうしようかなぁ、と少し途方に暮れている調子ノリコなのでした。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Link